グアム準州選出のアメリカ合衆国下院議員

グアム準州選出のアメリカ合衆国下院議員は、アメリカ合衆国グアム準州選出の下院議員である。本会議での議決権は有していない。

1964年、グアム第7議会はワシントンに常駐する住民代表の役職を設置した。1965年アントニオ・ボルハ・ウォン・パットが初代ワシントン代表に就任[1][2]。グアム選出の議員を米国議会に送るため、パットはロビー活動を行った。

1972年4月10日、公法92 - 271(通称: グアム - ヴァージン諸島代表法; 本文)が可決され、グアム及びアメリカ領ヴァージン諸島は米国下院に投票権の持たない代議員を1人送り込めるようになった。

1972年、グアムで初の下院選挙が開催され、民主党から出馬したパットが当選した。以降、2021年現在まで、ベン・ブラズ(1985年 -1993年)を除いて、民主党の候補が当選している。

グアム準州全州選挙区(英語: Guam's at-large congressional district)は、アメリカ合衆国連邦下院選挙区。定数1人の小選挙区制

グアム準州全州選挙区
グアム準州全州選挙区

区域

グアム - 全域

データ(2010年)

  • 人口 - 159,358人 (有権者登録数: 55,884人[3][4])
  • 面積 - 210平方マイル(540 km2
  • 民族構成:チャモロ系(37.26%)、フィリピン系(26.32%)、白人(7.1%)、チューク系(7.05%)[5]

ワシントン代表

No. 任期 氏名
1 1965年 - ? Antonio Won Pat.png
アントニオ・ボルハ・ウォン・パット

議決権のない代議員

議会 氏名 政党
第93議会
(1973年 - 1975年)
Antonio Won Pat.png
アントニオ・ボルハ・ウォン・パット
民主党
第94議会
(1975年 - 1977年)
第95議会
(1977年 - 1979年)
第96議会
(1979年 - 1981年)
第97議会
(1981年 - 1983年)
第98議会
(1983年 - 1985年)
第99議会
(1985年 - 1987年)
Ben Blaz.jpg
ベン・ブラズ
共和党
第100議会
(1987年 - 1989年)
第101議会
(1989年 - 1991年)
第102議会
(1991年 - 1993年)
第103議会
(1993年 - 1995年)
Underwood-GUal.jpg
ロバート・A・アンダーウッド
民主党
第104議会
(1995年 - 1997年)
第105議会
(1997年 - 1999年)
第106議会
(1999年 - 2001年)
第107議会
(2001年 - 2003年)
第108議会
(2003年 - 2005年)
Madeleine Bordallo official portrait.jpg
マドレーヌ・ボーダロ
民主党
第109議会
(2005年 - 2007年)
第110議会
(2007年 - 2009年)
第111議会
(2009年 - 2011年)
第112議会
(2011年 - 2013年)
第113議会
(2013年 - 2015年)
第114議会
(2015年 - 2017年)
第115議会
(2017年 - 2019年)
第116議会
(2019年 - 2021年)
Michael San Nicolas official portrait, 116th Congress.jpg
マイケル・サン・ニコラス
民主党
第117議会
(2021年 - 2023年)
  1. ^ Territorial Deputy for Guam”. History, Art & Archives; United States house of representatives. 2021年1月7日閲覧。
  2. ^ WON PAT, Antonio Borja”. Biographical Directory of the United States Congress. 2021年1月7日閲覧。
  3. ^ Summary Results Report OFFICIAL RESULTS; Guam 2020 Runoff (pdf)”. Guam Election Commission (2020年12月2日). 2021年1月7日閲覧。
  4. ^ 2020年11月17日時点。
  5. ^ Island Areas - Guam Dataset”. United States Census Bureau. 2021年1月7日閲覧。

Other Languages

Copyright