ポスト・グランジ

ポスト・グランジ
Post-grunge
様式的起源 Grunge
Hard rock
Alternative rock
文化的起源 1990年代中期
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
使用楽器 Electric guitar
Acoustic guitar
Electric bass guitar
Vocals
Drum kit
関連項目
グランジニュー・メタル
テンプレートを表示

ポスト・グランジ(Post-Grunge)は、1990年代前半にグランジから大きな影響を受け、派生したオルタナティヴ・ロックハードロックのサブジャンルである。

ディストーションをかけたギター、苦悩に満ちた歌詞、そして静と動の共存といったグランジ特有の特徴を持ちながら、リスナーの聴きやすさ、ラジオ受けなどを意識したマスタリングがなされている。

ポスト・グランジ・バンドは、ニルヴァーナ[1]、サウンド・ガーデン、ダイナソーjr、マッドハニー、パール・ジャムらの強い影響を受けている。しかしながら多くのポスト・グランジバンドはグランジからの影響について触れないことが多く、一方でグランジそのものに影響を及ぼしたメルヴィンズブラック・サバスなどのバンドや、ブラック・フラッグのようなパンク・ロックバンドについてはしばしば言及する。しかし、実際にはそれらのバンドからの影響はそれほど目立ったものではなく、彼らの人気をより高いものにしたのは、やはりグランジからの影響によるものが大きい。

最初に大きな成功を掴んだポスト・グランジ・バンドのアルバムは、イギリスブッシュによる『Sixteen Stone』(1994年)とライブの『Throwing Copper』(1994年)で、後にコレクティブ・ソウルシルヴァーチェアーキャンドルボックスと続いた。

1994年から、ポスト・グランジは全体としてオルタナティブ・ロックと共にグランジを追い抜いてアメリカのロックの主流となり、1990年代末にはクリードが大きな成功を得た。

その後、1990年代以降に登場したバンド、シーザーニッケルバックパドル・オブ・マッドセオリー・オブ・ア・デッドマンスリー・ディズ・グレイスブレイキング・ベンジャミンマッチボックス・トゥエンティ3ドアーズ・ダウンサーティー・セカンズ・トゥー・マーズステインドなどが商業的成功を収めている。しかし日本では、これらのほとんどのバンドの知名度は低い。


Copyright