上野精一

上野精一

上野 精一(うえの せいいち、1882年明治15年)10月28日 - 1970年昭和45年)4月19日)は、日本の新聞経営者。朝日新聞社社主

1882年、朝日新聞社社主・上野理一の長男として大阪市東区平野町に生まれる。北野中学校第三高等学校を経て、東京帝国大学法科大学卒。大学院在籍のまま日本勧業銀行に入行するが、1910年に朝日新聞社に入社。営業部長、副社長を歴任。

村山龍平社長のもとに専務取締役、取締役会長を経て1933年に社長就任。廃止されていた主筆制を復活させる。1946年、全国中等学校野球連盟(現日本高等学校野球連盟(高野連))設立、初代会長に就任。全国高等学校野球選手権大会を朝日新聞社主催とする。翌1947年公職追放を受ける[1]1951年追放解除[2])。1970年、87歳で死去。

公益財団法人仏教美術研究上野記念財団[3]を設立し、仏教美術の研究に尽くした。

岳父は九鬼隆義[4]、息子は元朝日新聞社社主の上野淳一

上野理一(父、初代社主) - 上野精一(2代目社主) - 上野淳一(息子、3代目社主) - 上野尚一(孫、4代目社主)

単著

翻訳

共訳

  1. ^ 「朝日新聞」1947年10月23日一面。
  2. ^ 「朝日新聞」1951年6月19日一面。
  3. ^ 公益財団法人仏教美術研究上野記念財団
  4. ^ 『上野理一傳』(朝日新聞社 社史編修室)P.777
先代:
村山龍平
朝日新聞社社長
(1933年~1940年)
次代:
村山長挙

Other Languages

Copyright