下村健

しもむら たけし
下村 健
生誕 下村健
1930年8月20日
広島県広島市中区吉島
死没 (2006-04-29) 2006年4月29日(75歳没)
東京都中央区築地[1]
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 東京大学文学部卒業
職業 厚生官僚、船員保険会会長、健康保険組合連合会副会長
活動期間 1956年 - 1989年
下村 肇(日本陸軍大佐

下村 健(しもむら たけし、1930年8月20日 - 2006年4月29日)は、日本厚生官僚。元社会保険庁長官。愛称は「シモケン[1]

1930年広島県出身、第一高等学校を経て1956年東京大学文学部を卒業後に旧厚生省に入省。同期に森幸男環境事務次官)。主に医療保険畑を歩み、大臣官房総務課長や官房審議官、保険局長などを歴任し、1988年6月から1989年6月まで社会保険庁長官を務めた。退官後は船員保険会会長を経て1994年から健康保険組合連合会副会長を務めた。

2002年、勲二等瑞宝章受章。

日歯連事件で、単純収賄罪 懲役2年6月執行猶予5年・追徴金約629万円の有罪判決を受けた。

2006年4月19日死去。(75歳没)

  1. ^ a b 渡部亮次郎「シモケンさんを悼む」『頂門の一針』第416号、melma!、2006年5月1日、2015年3月20日閲覧。

Other Languages

Copyright