全国紙

全国紙(ぜんこくし)とは全国向けにニュースを報じる新聞である。このうち、首都に本社が置かれる新聞は中央紙ともいわれる。対義語は地方紙(広義的にはブロック紙も含む)。日本の全国紙は主に5紙であるとされるため、日本では全国紙を称して、五大紙とも呼ばれる。大手紙(おおてし)とも。

日本の全国紙

日本では、読売新聞朝日新聞毎日新聞三大紙に、日本経済新聞産経新聞を加えた5紙(五大紙)が全国紙と称される[1][2][3]。五大紙で日本の新聞の全発行部数の半分以上を占める[3]。特に読売新聞は世界最大の発行部数を誇る。それぞれテレビ局キー局と密接な資本関係若しくは提携関係を持ち、日本経済新聞以外はスポーツ新聞をグループ会社あるいは本体より発行している。

三大紙は基本的に全国の5大都市(札幌市東京都千代田区・または中央区名古屋市大阪市福岡市・または北九州市)に地域発行本社・支社(名称は社によって異なる[4])を持ち、各本・支社毎に編集しているこのため、同じ題号の新聞でも各本社によって連載などの記事や特集等が採用されるかどうかが異なる(「朝日新聞大阪本社」も参照)。また、「全国紙」といっても全国津々浦々で販売部数上位を独占しているわけではなく、一都三県関西などの大都市圏を除く地方ではブロック紙地方紙(県紙)が高いシェアを持つ場合も多い。さらに、大都市圏内でも関西の神戸新聞京都新聞などは地元の府県で高いシェアを持つ。また、沖縄県では全国紙はほとんど購読・販売されておらず、県内では県紙の沖縄タイムス琉球新報が圧倒的なシェアを持っている。これは地理的要因によるもので、全国紙の印刷工場がない沖縄県内へ県外から朝刊を空輸すると配送が朝のうちには不可能なためである。ただし、日本経済新聞は全国的な地方紙との提携の一環で(日本経済新聞社#印刷工場の項を参照)、2008年11月より琉球新報へ委託して現地印刷を開始するようになった。

産経新聞は過去の歴史的な経緯上、発行拠点が東京・大阪の2本社と西部本部(旧九州・山口本部)の3拠点体制であるため、東京都を主とした関東地方大阪府を主とした近畿地方を主な販売領域としている[5]。実販売数は五大紙の他社に比べて少ない実情があり、ブロック紙最大の販売部数をもつ中日新聞東京新聞)よりも少ない。また2020年10月にはコスト削減のため販売網を首都圏と関西圏などに限定し、販売網は「全国」ではなくなった[6]。なお、産経新聞社のホームページでは「『モノをいう新聞』を標榜し続ける全国紙」として発行紙に言及している[7]

戦時中の1945年には地方紙に全国紙の題号を併記して発行されたこともある。第二次世界大戦下での米軍による空襲の激化による航空輸送の悪化のため地方向けの全国紙の発行を断念、地方紙に全国紙3紙の題号を一緒に掲載する「持ち分合同」が行われた。

なお新聞自体の発行主体ではないが、地方紙を主体とした加盟報道機関により組織される共同通信社はニュースを全国の加盟報道機関に配信することから、ここで述べる全国紙と同等のメディアと扱われる。また、配信された各新聞の購読部数合計では読売新聞を上回る。

大都市圏以外においては夕刊が発行されず(読売新聞は富山県及び石川県の都市部で夕刊を発行。東海3県に於いては朝刊のみ発行。産経新聞は近畿地方のみ夕刊を発行。毎日新聞は2008年8月末で北海道の一部、朝日新聞は2010年3月末で福岡県を除く九州の一部で発行されていた夕刊の発行をそれぞれ廃止)、朝刊の記事も締切時間のせいか地方紙より情報が遅れているケースが多い。

特に朝刊では、1980年代前半ごろまでは地方への紙面電送中継の技術が確立されていなかったこともあり、夕方か夜の早い時間に締め切って、空輸・船便・鉄道輸送を使って翌朝の配達に間に合わせていたため、夕刊発行時とほぼ同時刻の紙面が掲載され、情報格差が大きいことが顕著だった[8]が、新聞電送技術の向上、特にデジタル電話回線や、通信衛星[9]を利用して、発行本社所在都道府県とほぼ同じ深夜帯まで締切を伸ばして、ほぼリアルタイムでの情報伝達が可能となっている。

全国紙・テレビ・スポーツ紙資本関係
新聞社名 主資本放送局(在京キー局) 主資本スポーツ新聞社 備考
テレビ局 ラジオ局
読売新聞 日本テレビ放送網Nippon News Network アール・エフ・ラジオ日本 スポーツ報知 [10] [11] [12]
朝日新聞 テレビ朝日All-nippon News Network なし 日刊スポーツ [10] [13] [14]
毎日新聞 なし なし スポーツニッポン [15] [10] [11] [16]
日本経済新聞 テレビ東京TXN 日経ラジオ社 なし [17]
産経新聞 フジテレビジョンフジニュースネットワーク ニッポン放送
文化放送
サンケイスポーツ
夕刊フジ
[13] [18] [19]

アメリカ合衆国の全国紙

日本で言うところの「全国紙」とは概念が少し違い(99パーセントが地方紙)、記事が全米規模で配信され"National newspaper"(全国的な新聞)とおおよそ呼ばれているのはUSAトゥデイウォール・ストリート・ジャーナルニューヨーク・タイムズワシントン・ポストクリスチャン・サイエンス・モニターボストン所在)、ロサンゼルス・タイムズなどである。このうち、特定地方・都市に偏らず全米の読者を対象としているのはUSAトゥデイと経済紙のウォール・ストリート・ジャーナルのみ。

カナダの全国紙

カナダではこれまでグローブ・アンド・メール紙が一般紙では唯一の全国紙であったが1998年ナショナル・ポスト紙が創刊され、この2紙が現在全国紙とされる。

イギリスの全国紙

ブロード・シートと呼ばれているのが、日本で言うところの全国紙である。インデペンデントタイムズガーディアンオブザーバー)、デイリー・テレグラフフィナンシャル・タイムズエコノミストデイリー・ミラーデイリー・メールザ・サンの9紙が全国紙である。

ドイツの全国紙

ビルトディ・ヴェルトフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングディー・ツァイト南ドイツ新聞と経済紙であるフィナンシャル・タイムズが全国紙である。

イタリアの全国紙

フィアット社系のコリエレ・デラ・セラ民主党系新聞であるルニータ、経済紙のSole-24 Oreが事実上の全国紙である。

フランスの全国紙

ル・モンドル・フィガロリベラシオンフランス・ソワールと経済紙のレゼコーが全国紙である。

オーストラリアの全国紙

オーストラリアンと経済紙であるオーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが日刊の全国紙である。

南アフリカの全国紙

ザ・インディペンデントザ・メール&ガーディアンと経済紙であるビジネス・デイフィナンシャル・メールが日刊の全国紙である。

韓国の全国紙

朝鮮日報中央日報東亜日報ハンギョレ京郷新聞韓国日報国民日報ソウル新聞が事実上の全国紙である。また、そのうち朝鮮日報、中央日報、東亜日報の三紙をとくに(韓国)三大紙とすることもある。

ブラジルの全国紙

アメリカ合衆国と似通ったかたちで、影響力が全国に及ぶ新聞紙が全国紙にあたる。フォーリャ・デ・サンパウロ、オ・グローボ、オ・エスタード・デ・サンパウロと経済紙のヴァロー・エコノミコ。

中国の全国紙

  • 人民日報
  • 光明日報
  • 参考消息
  • 環球時報
  • 解放日報
  • 文匯報
  • 新民晩報
  • 工人日報
  • 中国青年報
  • 中国婦女報
  • 中国教育報
  • 中国少年報
  • 中国児童報
  • 文匯読書周報
  • 中華読書報
  • 経済日報
  • 経済参考報
  • 経済観察報
  • 中国証券報
  • 中国経営報
  • 21世紀経済報道
  • 21世紀環球報道
  • 南方周末
  • 南方体育
  • 西部時報
  • 電脳報
  • 中国日報

注釈

出典

  1. ^ 新聞記事の調べかた レファレンス協同データベース
  2. ^ 全国紙・地方紙の新聞社サイト集 | 調べ方案内 国立国会図書館
  3. ^ a b 全国紙とは” (日本語). コトバンク. 2021年1月12日閲覧。
  4. ^ いわゆる3大全国紙は札幌が支社である以外はすべて本社。産経は東京・大阪が本社、福岡は「西部本部(当初は九州・山口本部)」(札幌と名古屋は現在発行拠点なし)、日経も東京・大阪が本社、それ以外の3都市は支社の扱いだが、実質地域本社と同等に扱われている)
  5. ^ メディアデータ:販売部数 | 産経新聞 媒体資料インターネット版”. www.sankei-ad-info.com. 2020年12月18日閲覧。
  6. ^ 「全国紙」の看板下ろす産経” (日本語). FACTA ONLINE. 2021年1月12日閲覧。
  7. ^ 新聞” (日本語). 産経新聞社. 2021年1月12日閲覧。
  8. ^ 特に産経は、一部最終版に近い時間に締め切られる名古屋市岐阜市のごく一部・三重県の大半を除く中京圏と、西部本部が発足する前の2009年(平成21年)9月までの九州地方向けのものが、夕方の早い段階で締め切られた紙面であるため、それが顕著に表れていた
  9. ^ 衛星通信を効率的に使用した新聞紙面伝送システム(日立製作所社内報「日立評論」1992年第7号(通算74号)]
  10. ^ a b c ただし、1951年12月開局時-74年3月まで、日テレとラジオ東京→東京放送(現・TBSホールディングス・TBSテレビ/ラジオ)とは、読売・朝日・毎日の大手3紙との共同資本関係があった(後に毎日新聞社が再建するに当たってはTBSが大株主の一つとなり、一定の報道協定関係はあるが、現在毎日新聞社との関係という点ではBS11デジタルのほうが強い)。また新日本放送→毎日放送も開局当初は毎日新聞社が大株主だった。
  11. ^ a b RFラジオ日本=開局当初は毎日新聞社と資本関係があり、定時ニュースも原則毎日新聞社からの協賛・記事提供を受けており、MBSラジオ(当時はラ・テ併営の新日本放送→毎日放送のラジオ局部門)とも番組の相互ネット供給関係があった。1978年プロ野球中継の関係協力強化のため)に新聞資本・ニュース協賛・記事提供を読売新聞社(東京本社)に譲渡
  12. ^ スポーツ報知=持ち株会社読売新聞グループ本社が親会社であるが、持ち株会社の直系ではない。名古屋は読売新聞中部支社、福岡はスポーツ報知西部本社発行
  13. ^ a b また文化放送は朝日新聞社からの直接出資はないものの、日本教育テレビ(現・テレビ朝日)の設立時に文化放送・旺文社などがかかわっていたこともあり、元テレビ朝日役員が文化放送に役員として就任したほか、テレビ朝日・朝日新聞社との共催・後援するイベントもある。
  14. ^ 日刊スポーツ=名古屋・大阪・福岡は日刊スポーツ新聞西日本発行
  15. ^ JNNキー局のTBSテレビおよび準キー局の毎日放送やCBCとは他系列の関係や局名とは裏腹に現在は資本関係がない。
  16. ^ スポーツニッポン=持ち株会社・毎日新聞グループホールディングス直系
  17. ^ 一般紙ではなく経済紙なのでスポーツ紙は直接の系列にないが、神戸新聞社発行のデイリースポーツとの販売・印刷委託を行っている(東京本社とは、東京タイムズが休刊した1992年以後委託印刷を締結。一時中断があった。2006年以後、大阪本社が神戸新聞社に印刷委託を開始し、兵庫県向けに配布している)。
  18. ^ サンケイスポーツ・夕刊フジとも、1970-87年までは分社化されていたが、現在は産経新聞社から直接発行している。
  19. ^ サンケイスポーツ東日本版は道新スポーツと提携し一部紙面共有。夕刊フジは夕刊紙専売のため大衆紙という見方もできる。

Other Languages

Copyright