本野盛亨

本野盛亨

本野 盛亨(もとの もりみち、1836年9月25日天保7年8月15日) - 1909年明治42年)12月10日)は、日本官僚実業家読売新聞創業者の一人。旧姓は八田。

肥前国佐賀藩の久保田村(後の佐賀市)に八田晋の子として生まれた。後に、本野権太夫の婿養子となる。佐賀有田で谷口藍田に師事し、藍田塾の仲間の縁で大阪へ出て、緒方洪庵適塾蘭学を修めた。長崎の致遠館では、フルベッキに英語等を学んでいる。

妻總子の父親・本野権太夫は佐賀藩藩士[1]。長女富士子は侍医も務めた岩佐新の妻[2]。長男に外務大臣となる本野一郎、次男に4代目読売新聞社社長となる本野英吉郎、3男に京都帝国大学教授の本野亨、4男に建築家京都工芸繊維大学教授を務めた本野精吾がいる。

  1. ^ 本野盛亨コトバンク
  2. ^ 岩佐新『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]

Other Languages

Copyright