熊崎正夫

熊崎 正夫(くまさき まさお、1916年大正5年)11月4日[1] - 2008年平成20年)10月18日)は、日本厚生官僚。厚生事務次官公害防止事業団理事長などを歴任した。

退官後は、公害防止事業団理事長、財団法人血液製剤調査機構理事長、日本環境衛生センター理事長、全国土木建築国民健康保険組合理事長、財団法人老人福祉開発センター理事長を務めた。

2008年(平成20年)10月18日肺炎のため死去、91歳[3]

共編著

  • 『医薬分業の解説』尾崎重毅共編 社会保障研究所出版部 1956
  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、451頁。
  2. ^ 『世界諸国の制度・組織・人事 1840-1987』、秦郁彦編、東京大学出版会、670、671ページ、14.厚生省
  3. ^ (日本語) “熊崎正夫氏死去 元厚生事務次官”. 47NEWS (共同通信). (2008年10月22日). http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008102201000302.html 2015年8月17日閲覧。 
先代:
山本正淑
厚生事務次官
1969年 - 1971年
次代:
梅本純正
先代:
山本正淑
今村譲
社会保険庁長官
1967年 - 1969年
1970年2月14日 - 6月2日(事務取扱)
次代:
今村譲
梅本純正

Other Languages

Copyright