金時習

金時習
김시습 초상.jpg
各種表記
ハングル 김시습
漢字 金時習
発音: キム・シスプ
日本語読み: きん・じしゅう
ローマ字 Kim Si-seup
テンプレートを表示

金時習(きん じしゅう、キム・シスプ、朝鮮語:김시습、1435年 - 1493年)は 李氏朝鮮初期に活躍した文人。

の瞿佑『剪灯新話』の影響を受けて作られた短篇小説集『金鰲新話』(きんごうしんわ)が知られる。

  • 早川智美『金鰲新話―訳注と研究』和泉書院〈研究叢書〉、2009年。

Copyright