1980年代

コロンビア (オービタ)中距離核戦力全廃条約イラン・イラク戦争ベルリンの壁崩壊ライヴエイドIBM PCチェルノブイリ原子力発電所事故
上段: (左)1981年に打ち上げげられた1番目 スペースシャトル コロンビア。(右)アメリカ合衆国大統領 ロナルド・レーガンソビエト連邦 書記長 ミハイル・ゴルバチョフは、2つの超大国間の緊張をやわらげ、 冷戦を終結させた。

中段: (左)1980年から1988年にかけて起こった イラン・イラク戦争では、100万人もの死に1兆ドルが費やされた。(右)1989年の ベルリンの壁崩壊は、1980年代ので最も重大な出来事のうちの1つであると考えられる。

下段: (左)1986年の ウクライナで起きた チェルノブイリ原子力発電所事故。(中央)1985年に行われた ライヴエイドは、「アフリカ難民救済」を目的に開催されたチャリティー・コンサート。(右)1981年に発売された、 IBMパーソナルコンピュータ

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

社会

文化

ゲーム市場

アメリカ合衆国と西ヨーロッパ

ソ連と東ヨーロッパ

ラテンアメリカ

サハラ以南のアフリカ

西アジアと北アフリカ

南アジア

東南アジア

オセアニア

中国

香港

台湾

  • 前半 - アメリカ南部の沿岸地域に、目に見えない球状の局所的な圏界面「境界」に囲まれる形で、内部の環境が変容した領域「エリアX」が一晩にして出現する。当時、境界に接触した乗り物などはいずれも消滅。その後、エリアXは表向きは環境汚染による危険地帯とされ、監視機構「サザーン・リーチ」が設立される。(小説『サザーン・リーチ英語版』シリーズ)[3][4]
  • 後半(198X年) - カリブ海で作戦演習中だった第2艦隊を始めとするアメリカ軍部隊が、次元侵略者「バンゲリング帝国」が発生させたバンゲリング界にのみこまれる。艦隊勢力のほとんどがバンゲリング帝国に支配された中、唯一健在な第2艦隊旗艦である空母「ロナルド・レーガン」が反撃を開始する。(ゲーム『バンゲリングベイ』)[5]

注釈

出典

  1. ^ インターネット誕生から25年(Global Voices 日本語)
  2. ^ 川口マーン惠美『そしてドイツは理想を見失った』KADOKAWA、2018年、33頁。ISBN 978-4-04-082217-4
  3. ^ ジェフ・ヴァンダミア『〈サザーン・リーチ〉2 監視機構』早川書房、2014年、13・19・51・56・59 - 63・126 - 128・173頁。 ISBN 978-4-15-041323-1
  4. ^ ジェフ・ヴァンダミア『〈サザーン・リーチ3〉 世界受容』早川書房、2015年、179 - 185・376 - 385・474頁。 ISBN 978-4-15-041327-9
  5. ^ 構成/スタジオ・ハード『ファミリーコンピュータ ゲーム必勝法シリーズ3 バンゲリングベイ』勁文社、1985年、18 - 33・56・66頁。雑誌コード:63542-67。
  • ウィキメディア・コモンズには、1980年代に関するカテゴリがあります。

Copyright