2002年の日本シリーズ

日本の旗 2002年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
西武ライオンズ() 0
ゲームデータ
試合日程 2002年10月26日-10月30日
最高殊勲選手 二岡智宏
敢闘選手 アレックス・カブレラ
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 原辰徳
シーズン成績 86勝52敗2分
(シーズン1位)
西武ライオンズ()
監督 伊原春樹
シーズン成績 90勝49敗1分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 2001 2003 > 

2002年の日本シリーズ(2002ねんのにっぽんシリーズ、2002ねんのにほんシリーズ)は、2002年10月26日から10月30日まで行われた、セ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツと、パ・リーグ優勝チームの西武ライオンズによる第53回プロ野球日本選手権シリーズである。

2002年の日本シリーズは、原辰徳監督率いる読売ジャイアンツ(以下、巨人)と伊原春樹監督率いる西武ライオンズ(以下、西武)の対決となった。両者とも新人監督でありながら、巨人は全球団に勝ち越しての86勝[1]、西武は90勝で2位と16.5ゲーム差をつけて優勝した[2]

巨人対西武(西鉄時代を含めて)の日本シリーズはこの年までに1956年1957年1958年1963年1983年1987年1990年1994年と8回あり、西武が(西鉄時代を含めて)6勝2敗で、特に1990年は西武がストレート4連勝で制した。原監督は、シリーズ直前の合宿地で西武への印象を「苦手を通り越して、コンプレックス。トラウマ的なものさえ感じる」と述べていた[3]

シリーズは巨人がストレート4連勝で制覇した。シリーズストレート4連勝は1990年の西武以来12年ぶりであり、21世紀に入ってからは初の事例であり、巨人の球団史上初の事例である。また、巨人はこのシリーズで合計8名の投手が登板したが、全員1試合のみの登板であり、「複数試合に登板した投手がゼロ」という珍しい記録を残した。

清原和博桑田真澄KKコンビは、この年が現役として最後のリーグ優勝と日本一となった。

伊原は「巨人は誰一人故障者がいなくて戦力がそろっていました。うちは松坂大輔は故障明け。野手ではベンちゃん(和田一浩)[4]が日本シリーズの数週間前に手首を痛めました。シーズン最後の10試合出られなくて、万全の状態じゃなかった。投打の主力が故障明けだと勝てる材料がなくなってしまう。選手にはもちろんそんなことは言えません。選手もやっても負けだなと思ってしまいますからね。」[5]と回顧している。しかし井原が故障者がいないと見ていた巨人も、実際には清原和博が手首と太ももの故障で出場が危ぶまれており、清原の「体が壊れてもいいから、やらせてください」との直訴を受け、清原の気持ちを汲んだ原が起用したという[6]

西武の投手コーチ松沼博久は第1戦の先発投手は終盤調子を上げ8勝をした石井貴を推薦した。伊原は松坂を第1戦先発させたが、松沼は「(松坂は)後半復帰しましたが、万全の状態ではないエース。不安しかありませんでした。松坂ではないと巨人には勝てない。そんな思いがあったのかもしれません。」と述べ、松沼の不安的中し3回に清水隆行と清原に2ラン浴びて4失点KO、3連敗の後に第4戦では同点の場面でリリーフして4失点、2敗を喫した[7]

2002年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月26日(土) 第1戦 西武ライオンズ 1-4 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月27日(日) 第2戦 西武ライオンズ 4-9 読売ジャイアンツ
10月28日(月) 移動日
10月29日(火) 第3戦 読売ジャイアンツ 10-2 西武ライオンズ 西武ドーム
10月30日(水) 第4戦 読売ジャイアンツ 6-2 西武ライオンズ
優勝:読売ジャイアンツ(2年ぶり20回目)

第1戦

国歌独唱松本幸四郎が担当。始球式北の湖敏満(当時日本相撲協会理事長)が務めた。

巨人の先発はこの年最多勝を獲得した上原、西武の先発は故障で6勝止まりだった松坂でシリーズが開幕した。総合コーチ兼捕手の伊東勤は、同シリーズ前に行われた球団幹部との食事会で第1戦の先発投手の話題になり松坂が右肘の状態が良くない事もあり伊東は同年10勝した左腕の三井浩二を推したが球団首脳の鶴の一言で松坂が先発になったという[8]。初回、西武は先頭の松井稼が初球をセンター前にヒットを放ち出塁する。続く小関のバントは二塁で封殺となり、4番カブレラが四球で出塁してチャンスを広げるも和田が二塁ゴロに倒れて先制はならなかった。3回裏の巨人は上原がチーム初安打となり出塁すると、清水がシリーズ初本塁打となる2点本塁打を放つと打線がつながり、松井は三振を喫したものの、清原が「日本シリーズの中でも、一番思い出に残っている打席」と語る「ストレート一本狙いで打った」2点本塁打[6]による追加点でこの回4点を先制した。西武の先発松坂は3回でKOされた。その後は上原が西武打線を封じて9回もマウンドに上がる。上原はこの回、先頭のカブレラにソロ本塁打を打たれ完封は逃したが、後続を打ち取り完投勝利を挙げ巨人が白星を挙げた。巨人は日本シリーズ初戦の連敗を5で止めた。その巨人は日本シリーズ先勝は21世紀初で15年ぶり。

公式記録関係(NPB.jp 日本野球機構)

第2戦

巨人の先発は最優秀防御率のタイトルを獲得し復活を遂げた桑田が1994年の日本シリーズ第5戦以来の日本シリーズ先発となり、対する西武は石井の先発となった。西武は前日に続いて初回にチャンスを作る。内野安打と2死四球で2死満塁のチャンスで桑田が二塁に牽制球を投げ、この間に三塁走者の小関が本塁に行くがアウトとなりチャンスを潰す。巨人はその裏、2死2塁のチャンスで松井が左中間への二塁打で先制する。3回裏、先頭の桑田のヒットを足がかりに5連打と打者一巡の猛攻で一挙6点を入れ石井をKOした。7回にも2点を追加して巨人が圧倒した。桑田は大量援護に守られ7回1失点と好投した。西武は8回から登板した岡島からカブレラが2ラン本塁打を放つが反撃が遅かった。巨人は桑田の8年ぶりの日本シリーズ勝利を挙げ連勝した。日本シリーズで開幕2連勝は他球団、巨人と共に21世紀初で、20世紀を含むと他球団としては2年ぶりで、巨人としては30年ぶり。

公式記録関係(NPB.jp 日本野球機構)

第3戦

国歌独唱は伊東美咲原沙知絵音羽ゆりかご会始球式北島康介

第3戦は西武ドームに舞台を移した。西武は本拠地がドーム化してからは初の日本シリーズ開催となった。第3戦の西武はシーズン途中に加入して10勝を挙げた張、巨人は古巣相手に投げることになったベテラン工藤が先発した。西武は初回、1死1.2塁のチャンスでカブレラが先制タイムリーを放つ。シリーズ初めて西武が先制点を挙げた。チャンスは続いたが和田と佐藤友が倒れてこの回は1点止まりだった。2回表、巨人は清原のシリーズ2号ソロ本塁打で同点に追いつく。続く3回表には清水のタイムリー、松井のライトへの二塁打で2点を追加しリードを広げる。4回表にはチャンスを広げると、ここで西武は先発の張を諦め三井を投入する。その三井から無死満塁から2死満塁となり二岡がシリーズ第1号となる満塁本塁打を放ち、リードを6点に広げた。7回表には2死1.2塁から途中出場の元木のセンター前のタイムリー、8回には高橋由もシリーズ第1号2ラン本塁打を放ち試合を決めた。その裏、西武は松井稼のソロ本塁打を放つも打線が繋がらなかった。先発の工藤は四球を出さず、8回2失点の好投で巨人移籍後初の日本シリーズ勝利を挙げた(両リーグでの勝利投手は史上3人目の快挙)。巨人は2年ぶりの日本一に王手を賭けた。日本シリーズで開幕3連勝は他球団、巨人と共に21世紀初で、20世紀を含むと他球団としては6年ぶりで巨人としては32年ぶり。西武は投手陣が炎上し、3連敗で5番の和田も依然無安打のままで後がなくなった。

公式記録関係(NPB.jp 日本野球機構)

第4戦

後がなくなった西武はこの年15勝を挙げた西口、巨人はプロ入り初の2桁勝利を挙げた高橋尚が先発した。巨人は2回表、前日に続いて「7番・一塁」で先発の斉藤が2ラン本塁打を放ち2点を先制する。西武は5回裏、エバンスの2ラン本塁打で同点に追いつく。西武が先制されながら追いついたのは今シリーズ初めてだった。西武の西口は5回まで2安打2失点の好投を見せたが、勝負所と思ったのか西口から第1戦の松坂を2番手で送り出した。これが西武にとって大きな誤算となった。

巨人は6回表、死球で負傷交代した高橋の代走鈴木が二盗を決めたが松井・清原が連続三振に倒れた。しかし阿部に死球を与えると、続く斉藤の左適時打で鈴木が帰り勝ち越し。続く江藤の代打後藤の三塁打でこの回3点を入れた。7回表にも巨人は清原の適時打で1点を追加しリードを4点に広げた。松坂は2回4失点で降板となり、一方で巨人の先発高橋尚は8回を2失点に抑えた。9回にはここまで出番のなかった抑えの河原が登板した。河原は2死を取り、代打柴田にヒットを打たれるが続くエバンスを三振に打ち取りゲームセット。河原は抑え転向1年目で日本シリーズの胴上げ投手となった。巨人が1990年の西武以来、12年ぶりと21世紀初と球団史上初のストレートの4連勝で2年ぶりの20回目の日本一を達成した。一方、西武は西口以外の先発投手陣の不調、松坂の炎上や打線でも和田が15打数無安打に抑えられ、10年ぶりの日本一はならなかった。

なお、巨人では松井がオフにFA宣言メジャーリーグニューヨーク・ヤンキースに移籍したためこの試合が日本での最後の試合となった[9]

公式記録関係(NPB.jp 日本野球機構)

  • 最高殊勲選手賞:二岡智宏(巨人)-打率.474(19打数9安打)5打点。第1戦から3試合連続猛打賞、5打席連続安打[10]、第3戦で三井から満塁本塁打。
  • 敢闘選手賞:アレックス・カブレラ(西武)-第1戦から2試合連続本塁打と3試合連続打点をマークし、1人気を吐く。
  • 優秀選手賞:清原和博(巨人)-第1戦で松坂から東京ドームの看板を直撃する本塁打を含む2本塁打放ち、日本一に貢献。
  • 優秀選手賞:上原浩治(巨人)-第1戦でシリーズタイ記録の12奪三振、1失点完投勝利で日本一に貢献。防御率1.00。
  • 優秀選手賞:斉藤宜之(巨人)日本一を決めた第4戦で先制本塁打を含む3安打を放ち、打率.571(7打数4安打)をマーク。

テレビ中継

第1戦
第2戦
第3戦
第4戦

※関東地区での視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦(日本テレビ系)は30.5%。 第2戦(日本テレビ系)は28.8%。第3戦(テレビ朝日系)は25.8%。第4戦(TBS系)は29.5%だった。

ラジオ中継

第1戦
第2戦
第3戦
第4戦
  1. ^ 年度別成績 2002年 セントラル・リーグ
  2. ^ 年度別成績 2002年 パシフィック・リーグ
  3. ^ 『巨人軍5000勝の記憶』 読売新聞社、ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。p.86
  4. ^ 同シリーズは15打数0安打に終わった
  5. ^ ベースボールマガジン、2015年3月号、P44
  6. ^ a b Sports Graphic Number 1016』2020年12月17日号 『清原和博「親心の森監督と、神の長嶋監督と」』p.81
  7. ^ スポーツニッポン2020年9月28日、松沼博久の我が道、11版、松坂勝てず投手コーチ責任痛感
  8. ^ スポーツニッポン2018年4月22日伊東勤の我が道、11版
  9. ^ 2012年オフにメジャーで引退した。
  10. ^ 第1戦の第2打席から第2戦の第2打席まで。球団としては1977年土井正三以来。
  11. ^ ドラマ逮捕しちゃうぞ』番宣

Other Languages

Copyright